商工ローンとビジネスローンには、いろいろなところで違いがあります。

商工ローンとの違い

中小企業向けに、融資をするサービスにはほかにも、商工ローンという手法があることは、広く知られていることかもしれません。
しかし商工ローンは、できることなら利用をしないほうがいいでしょう。
商工ローンは、いろいろな金融業者が手掛けているサービスかもしれません。
しかし金利もしくは手数料が、高くなる傾向があります。
ですから返済をするときに、苦労をするケースが多くなっています。
また担保であったり、連帯保証人を出すように要求される可能性もあります。
ですから、中小企業の経営者は、安易に商工ローンには手を出すべきではないというのが、定説になっています。

ビジネスローンは、一方で、商工ローンと比較をすると、金利や手数料もだいぶ良心的な傾向があります。
ですから、返済の負担も限定的にすることができるでしょう。
また商工ローンの場合、第3者による保証人を要求してくる場合があります。
しかし一般的なビジネスローンの場合、保証人を要求してくることはまずないといっていいでしょう。

支払いの請求に追われていると、どうしても目先のお金をつかんで、一息入れようと思ってしまう人も多いようです。
しかし後々の返済を負担を考えた場合には、借入をあえてしないということも時として有効なこともあることは理解をしておいた方がいいでしょう。
商工ローンの借り入れについては、決して安易に行わないようにしましょう。
どの程度の負担が必要になるのか、地に足つけて考えることです。

話題にあっているローンに関わる話は、このサイトをブックマークしましょう。。

記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017必見!ビジネスローン☆大辞典!.All rights reserved.